OMNIGOD
BLOG

2018

04

06

Fri

ASAHI DECK 18s/s

学校の上履きやランニングシューズなど

1世紀以上もの間、日本人の足と向き合い続けてきたASAHI。

昨年より展開していたDECKのモデルの新色がデリバリーされました。



アメリカのオーセンティックなデッキシューズのデザインを基に

日本人の足に合わせて作られたモデル。

当時の美しいシェイプを持つ木型を採用しています。

昨年より展開しているモノクロに今回加わったのは

ホワイト×ベージュ。

ソールとアッパーのユニークな配色が目を引きます。

IMG_4374.JPG

国内では希少なヴァルカナイズ製法を用いて

ソールの側面はラバーテープを手張りで仕上げています。

IMG_4371.JPG

布地を袋縫いで仕上げることで生地の強度を増し、

かかとなども柔らかく包み、肌あたりの良い履き心地に。

素足でも履きたくなるような心地よさです。

IMG_4372.JPG

IMG_4373.JPG

IMG_4377.JPG

IMG_4378.JPG

ASAHI DECK color : white×beige
Price : ¥10,000+TAX

サイズが欠けておりましたモノクロも

再入荷してサイズがそろっております。

IMG_4375.JPG

IMG_4379.JPG
ASAHI DECK color : monochrome
Price : ¥10,000+TAX

歴史ある国内ブランドならではの日本人の足に馴染む靴。

ぜひ1度お試しください。

2017

12

25

Mon

SANDERS PLAIN TOE FOR WOMEN



靴の聖地ノーザンプトンに設立された、

歴史と伝統を持つ実力はシューズメーカー

SANDERS

IMG_3487.JPG

SANDERSは、伝統的なグッドイヤーウェルト製法への拘りを持ち、

今も変わらず、確かな技術で生産をし続けるシューズメーカー。

また、イギリス国防総省向けに供給をされる

レザーシューズの殆どを生産し続けています。 


IMG_3486.JPG

レディースでは “PLAIN TOE” をセレクト。 

シンプルなデザインはストレートチップほど堅くならず、

フォーマルからカジュアルまで、

着こなしや場面を選ばず履くことができます。

IMG_3495.JPG

使用しているレザーは牛革のなかでも最高級と言われているカーフレザー。

生後6か月以内の子牛の皮をなめしたもので、

薄さ、表面の滑らかさ、キメの細かさが特徴です。

アッパーには光沢のあるポリッシュドレザーを使用。

従来のポリッシュドレザーに比べ、

仕上げにより多くの磨きをかけている為、光沢が強調されています。

上品な光沢も魅力の一つ。


IMG_3496.JPG

IMG_3491.JPG

かかとには英国王室御用達の証である

ロイヤルワラントのエンブレムも。

IMG_3490.JPG

ソールは英国製のコマンドソールを採用。

耐久性があるのですり減りにくく

耐水性にも優れているので、雨の日でも安心して履くことができます。

また長時間の歩行にも適している為、街歩き用としても使いやすい一足です。


IMG_3497.JPG

ブラックのシューレースの他に、

オリーブカラーのシューレースも付属されているので、

付け替えてよりミリタリーな雰囲気を楽しむことも。


IMG_3493.JPG

IMG_3494.JPG

IMG_3488.JPG

IMG_3489.JPG

スタッフも愛用者多数のサンダース、

是非店頭にてお試しください。

皆様のご来店、お待ちしております。
 

2017

09

22

Fri

ASAHI DECK & TRAINER



古くは足袋の製造業から始まり、

学校の上履きやランニングシューズなど

その歴史は1世紀以上もの間、日本人の足と向き合い

靴を作り続けてきたASAHI

今季からOMNIGODの新たなお友達として加わった同ブランドより

スニーカーがデリバリーされました。

2型全てユニセックスでサイズをそろえておりますので

男女関係なくスタイルに取り入れて頂けます。

IMG_2388.JPG

1型目はデッキシューズ。

オーセンティックなアメリカのデッキシューズを基に

1970年に作られた木型を使用しています。

IMG_2358.JPG

ASAHI DECK

Col:monokuro  Price:¥10.000+税


ソールは国内では希少なヴァルカナイズド製法を用い、

側面のラバーテープは手張りで仕上げています。

職人の手作業による昔ながらの製法にこだわり、

丈夫で壊れにくい品質、

古きよき時代より受け継がれた美しいシルエットと

風合いを実現しています。

IMG_2362.JPG


IMG_2359.JPG

布地を袋縫いで仕上げることで、布全体の強度は増し、

肌に触れる部分はやわらかい履き心地に。

縫い目が足に当たらない様にも配慮され、

素足でも履きたくなるような心地良さです。


IMG_2361.JPG


IMG_2364.JPG


IMG_2365.JPG

カラーは白のアッパーにソール部分は

ブラックのラバーテープを張り、洗練された雰囲気の漂うモノクロ。

IMG_2385.JPG


IMG_2384.JPG

こちらはトレーナーのモデル。

ジョギングシューズは1970年代に著名スポーツブランドのOEMとして

製造を始めたことがきっかけで

EVA素材をミッドソールとして一つ一つ削り出すなど

当時の製法を活かして、福岡県久留米工場にて一貫生産を

手掛けています。

IMG_2366.JPG

IMG_2367.JPG

ASAHI TRAINER

Col:GREY , BLACK  Price:¥15.000+税


アッパーにはスエードとメッシュを使用し

シンプルで無駄のないデザインからはまだ発展途上だった

当時の粗削りながらも力強さを感じさせるスニーカーに

仕上がっています。


IMG_2368.JPG

IMG_2372.JPG

靴のタンの部分にあしらったASAHIのロゴも

昔使用していたものを採用、クラッシックなロゴながらも

どこか新鮮なネームタグ。

IMG_2369.JPG



IMG_2370.JPG


IMG_2373.JPGIMG_2376.JPG

カラーは2色展開。

グレーのスエードとブルーグレーメッシュのコンビ配色が美しいグレー。


IMG_2371.JPG



IMG_2381.JPG


IMG_2383.JPG

紐までオールブラックのアッパーがシックなブラック。

IMG_2377.JPG

IMG_2378.JPG


IMG_2380.JPG

国内きってのスニーカー。ぜひ、お試しください。
 

2017

05

30

Tue

Amb VASARI

 

 

 

 

 

 




クラシックなディテールとシンプルなデザインを基本に
 

 

作りや素材自体のクオリティの良さを表現する

" Amb / Ambassdors of minimalism "





 

 

 

 

今回はAmb定番仕様のヴァサリサンダルのご紹介です。

 

 

フットベットはコルク素材をレザーで巻き、

クッションを入れることで
 

 

足入れの心地よいサンダルとなっています。

 

 

また、クッション性のある軽量ソールも魅力的、

疲れを感じさせないアイテムです。








Amb VASARI Sandals

Col:Black , Navy  Price:¥16.500+税




こんにちは。

代官山店の山本です。


季節の変わり目、風邪も流行っているようです。


私も流行に乗って風邪を引いてしまいました。

体調を崩すと気持ちまで落ち込むので、気分転換を使用と

お店に生花を飾りました。

新鮮な空気が入り、見た目にも鮮やか。

とっても癒されています。

皆様もどうかご自愛ください。

そして代官山の綺麗なお花に癒されに来て下さい。


さて、カジュアル+シックなデザインサンダル、

VASARIを合わせたスタイルの紹介に移ります。



アースカラーでまとめたリラックス感の強い洋服には、

ブラックのサンダルと、バッグが効きます。

カジュアルになり過ぎないコーディネートです。


SHIRT:No. 56-782X リネンプルオーバーブラウス Price:¥14.000+tax
PANTS:No. 53-715X 綿麻キャンバスワイドパンツ  Price:¥15.500+tax
BAG:ARTS & CRAFTS CEREMONY POUCH Price:¥24.000+tax





ブルーな配色が綺麗なこちらのサンダルには

シンプルにホワイトのワンピースを合わせて。

暑い夏の日に着たいコーディネートです。


ONE PIECE:No. 57-568X 綿ローンノースリーブワンピース Price:¥16.500+tax
BAG:No. 54-066X ヘリンボーングロッサリーバッグ Price:¥7.000+tax



気温の高い日も増えましたね。

お気に入りのサンダルを見つけに来て下さい。




 

 

 

2017

05

26

Fri

ARCOPEDICO KIRYA SADALS for MEN




ポルトガル生まれのコンフォートシューズブランド

ARCOPEDICO(アルコペディコ)

職人の手によって手作業で作られるメッシュサンダルは、

石畳や坂道が多く、

足へ負担のかかりやすいポルトガルの

生活を考慮して設計されました。




"ARCOPEDICO KIRYA"

¥7,300+TAX



今回omnigodでセレクトしたのはKIRYAというモデルで、

つま先からかかとにかけて三本のメッシュナイロンの紐を配したデザイン。

かかとと甲の連結した紐は調節が可能で、甲の部分をしっかりホールドし、

かかとが浮かないよう配慮されています。
 








インソールは足の裏に馴染みやすい100%天然のコルクと豚革の二重構造。

波打つような底のアウトソールは力強いグリップ力を生み、

クッション性で足への負担を軽減してくれます。










驚くほど軽量なので普段の生活にも気軽に着用でき、

かかとが浮いたりする心配もなく、

フットワークを損なわないのでアウトドアやタウンユースにも活躍します。

ツールとしての機能性を備え、

スタイルを選ばずファッションにも

溶け込みやすい一足です。

これから夏本番のお供にいかがでしょうか。






2017

04

23

Sun

17s/s THE HILL SIDE


アメリカン・ワーキングドレスをコンセプトに掲げ、

ニューヨークから発信する"The Hill Side "より

2017年の新たなスニーカーのモデルがデリバリーされました。





 

 


今季セレクトしたのは和の趣も感じられる

インディゴ染めを施した刺し子生地。

アメリカのクラシックなヴィンテージスニーカーの美しい細身なフォルムを再現し、

日本とアメリカの文化を融合させたハイブリッドなアイテムです。

※こちらの色のサイズ展開はメンズのみとなります。



“ Indigo Sashiko Sneakers / ¥18,000+Tax ”




ロープ染色によって染められた生地は、

糸の表面はインディゴ色ですが、芯の部分は染まらず白くなっており、

表面のインディゴが摩耗することで、ジーンズ同様に白いアタリが出て

穿き込むほどに風合いが増すアイテムです。






スニーカーのつま先から側面をぐるっと覆うラバーは

バルカナイズ製法で有名な久留米にて仕立てられています。


バルカナイズ製法から生み出される靴は、ソールがしなやかで柔らかく、

丈夫で壊れにくい、美しいシルエットが保てるといった良さがあり、

何より手仕事でしか生み出せない、精巧で美しい作りの良さが魅力です。













ジーンズなどとの相性はもちろん、チノやミリタリーパンツなど

ボトムス問わず合わせて頂き易く、

しかし、独特の存在感を放つアイテムです。



同型で違う生地を使用したモデル。

マンハッタンにある伝統的なキャンバスの生産工場で制作した、

インダストリアルな雰囲気を感じられるダックキャンバスを採用しており、

アメリカらしいハードで武骨な雰囲気を醸し出しています。


※サイズはこちらのカラーのみUnisexで展開しております。

“ Duck Canvas Sneakers / ¥14,000+Tax ”




昨年より取扱いのあるモデルの改訂版で、

つま先には頑丈性の高いトゥキャップを使用、

ヒールガードも新たに備え、

より強度と機能性を持たせました。








カーキのソールに生成りのアッパーという配色が印象的で

つい気になり手に取られる方も多い、人気のカラーです。

こちらも合わせるボトムスは選ばす使えるので、

ぜひ、店頭でお試し下さい。

2016

09

17

Sat

16a/w THE HILL SIDE for Unisex


 

 

この秋冬よりオムニゴッドに新しいお友達が加わります。

 


[ The Hill Side ]

 


アメリカン・ワーキングドレスをコンセプトに掲げ、

ニューヨークから発信するブランドです。

時代感を問わず幅広いスタイルに対応でき、

ディテールなど深く追求した上質なオリジナルアイテムを展開しています。


本日はキャンバススニーカーをご紹介します。

“ Duck Canvas Sneakers / ¥14,000+Tax ”





素材は、

マンハッタンにある伝統的なキャンバスの生産工場で制作した、

インダストリアルな雰囲気を感じられるダックキャンバスを使用し、

バルカナイズ製法として有名な久留米にて仕立てています。





バルカナイズ製法から生み出される靴は、

ソールがしなやかで柔らかく、丈夫で壊れにくい、

美しいシルエットが保てるといった良さがあり、

何より手仕事でしか生み出せない、

精巧で美しい作りの良さが魅力です。









そんな素材と、生産背景から生み出されるフォルムは、

ヒールパッチとインソールにヒルサイドのオリジナルロゴを、

アウトソールとベロにブランドの象徴でもある

杉綾をイメージした施しがあしらわれています。

















ヴィンテージスニーカーの持つ、

細身で美しいフォルムを再現しながら、

穿き心地と耐久性を兼ね備えたクラシックなスニーカーです。

ファティーグパンツやベイカーパンツなど、

ミリタリー系のボトムスと相性が良いので

ぜひ店頭でコーディネイトしてみてください。






/////////////////////////////////////////////////////////


9月17日(土)のオムニゴッド北堀江店は16周年、


9月14日(水)にオムニゴッド代官山店は9周年を迎えます。

これまでの感謝の気持ちを込めて、

アニバーサリーイベントを開催致します。

“16TH KITAHORIE & 9TH DAIKANYAMA ANNIVERSARY”


9月17日(土)〜9月25日(日)の期間、

オムニゴッド代官山店、北堀江店エントランスにて、

サンプル市、生地市を開催致します。

こちらもぜひお楽しみにどうぞ。



 

 

 

 

 

2016

09

09

Fri

16a/w BLUE OVER for Men's

 


2016Autnme & Winter

Blue Over [Marty] 新色をセレクトしました。

“Marty / Nubuck”





[BLIE OVER]


日本のファクトリーブランドや職人たちのもつ伝統と技術。

丁寧な仕事と誠実さから生まれる、

日本人ならではの品質を大切に新しい発想や方法で、

普遍的な中にも、

新しさが内面に含まれるようなモノ作りをしている提供しています。





Martyは、

足の形や、人の動きに合わせて設計しており

機能性やフィット感を追求して生み出されたモデルです。

さらに、

カップインソールを採用することで

包み込まれるような穿き心地を演出してくれます。

基本的には、

ランニングやトレーニングで使用する事を想定して制作しておりますが、

日常のあらゆるシーンにおいても着用できるよう

カジュアルな容姿に仕立てています。








素材は、

きめ細かなヌバックを使用。

クラシックなフォルムになっております。











シューホールは、

外側に開く外羽式に施すことで、

着脱しやすくフィット感も簡単に調節することが可能です。

また、

最上部には鳩目付きのホールを2つ装備しているので、

着用するシーンに応じて表情が変化します。





ソールにはEVA加工底という、

ランニングシューズなどに用いられるソールを使用しています。

軽くてグリップ力があり、

長時間の着用でも疲れにくい状態を保ち、

自然な蹴り出しを手助けしてくれます。





ランニングシューズの趣がありながら、

クラシックで洗練されたフォルムなので、

ミリタリーとのパンツとの相性はもちろん、

カジュアルなパンツとの掛け合わせもGoodです。


ハイテクスニーカーの位置づけになっているので、

その時々のシーンに合わせてご使用頂けます。











今シーズンのテーマ、

ミリタリーの要素にも当てはまっているアイテムなので、

ぜひオムニゴッドウェアと掛け合わせてコーディネイトしてみてください。


NO : Marty                                    PRICE : 24,000+Tax

SIZE : 4(26cm), 5(27cm), 6(28cm)              COL : Olive

2016

05

27

Fri

16s/s Chaco for UNISEX

 

日中は気温もグッと上がり、

ショーツやスカートの出番がやってきました。

そんなウエアとの相性が良いサンダルといえば、

やはりchacoがぴったりです。

夏の足下にはchacoを。

“Z/1クラシック / ZX1クラシック”





[Chaco]

アメリカ・コロラド州にて設立したサンダルブランド。

リバーガイドの経験を持つ創業者が

独自のストラップ形状や張り替えなどをできるソールを設計。

フィット性、快適性、機能性を追求し人間工学の側面から優れたフッドベットを開発し、

日常からレジャーまで愛されるサンダルを提供し続けるブランドです。


まずはメンズセレクトもでるからのご紹介です。

[ZX1クラシック]











オリーブカラーの細身のダブルストラップをバスケットウェーブ状に、

ソックスのままでも履けるつま先オープンデザインです。

今シーズンより従来のアウトソールに変わり、

グリップ性能に優れたオリジナルのアウトソールに変更しております。

疲れ知らずの履き心地な上、サポート性と快適性があり

タウンユースにもレジャーにも

シーンに応じて活躍してくれます。




















NO : ZX1クラシック                  COL : Olive

SIZE : 7, 8, 9              PRICE : 9,500+税



つづいてユニセックス展開の

[Z1クラシック]





ソックスのままでも履けるつま先オープンデザイン。

ユニークで画期的な特徴の一つとして、

足を覆うウェービングがひとつながりになっており、

足の甲のフッドベットを通りアジャスターまで繋がっているため、

調節が楽な上、余計な緩みがなく、踵までホールドしてくれます。


こちらのシリーズも、

今シーズンより従来のアウトソールに変わり、

グリップ性能に優れたオリジナルのアウトソールに変更しております。

疲れ知らずの履き心地な上、サポート性と快適性があり

タウンユースにもレジャーにも

シーンに応じて活躍してくれます。

















メンズのみブルーカラーをセレクトしました。



























NO : Z1クラシック(ladeis)                  COL : Black

SIZE : 6, 7                                  PRICE : 9,500+税


NO : Z1クラシック(men)                      COL : Black, Blue

SIZE : 7, 8, 9                                      PRICE : 9,500+税


素足で履いてもよし。

カラーソックスでコーディネイトを楽しんでもよし。

コーディネイトの幅が広がるサンダルなので、

ぜひこの夏のパートナーにいかがでしょうか?

2016

04

22

Fri

16ss BLUE OVER


2016Spring & Summer

Blue Over [Marty] 新色をセレクトしました。

“Marty / Tricolore”



 

[BLIE OVER]


日本のファクトリーブランドや職人たちのもつ伝統と技術。

丁寧な仕事と誠実さから生まれる、

日本人ならではの品質を大切に新しい発想や方法で、

普遍的な中にも、

新しさが内面に含まれるようなモノ作りをしている提供しています。





Martyは、

足の形や、人の動きに合わせて設計しており

機能性やフィット感を追求して生み出されたモデルです。

さらに、

カップインソールを採用することで

包み込まれるような穿き心地を演出してくれます。

基本的には、

ランニングやトレーニングで使用する事を想定して制作しておりますが、

日常のあらゆるシーンにおいても着用できるよう

カジュアルな容姿に仕立てています。


今シーズンは、

スムースレザー×ヌバック×ナイロンメッシュの3素材を掛け合わせた、

クラシカルモデルをセレクトしました。














外側に開く外羽式に施すことで、

着脱しやすくフィット感も簡単に調節することが可能です。

また、

最上部には鳩目付きのホールを2つ装備しているので、

着用するシーンに応じて表情が変化します。











ソールにはEVA加工底という、

ランニングシューズなどに用いられるソールを使用しています。

軽くてグリップ力があり、

長時間の着用でも疲れにくい状態を保ち、

自然な蹴り出しを手助けしてくれます。












ランニングシューズの趣がありながら、

クラシックで洗練されたフォルム。


カジュアルにミリタリーパンツとの掛け合わせもGoodです。

ハイテクスニーカーの位置づけになっているので、

その時々のシーンに合わせてご使用頂けます。





NO : Marty                                    PRICE : 24,000

SIZE : 4(26cm), 5(27cm), 6(28cm)              COL : Tricolore
CATEGORIES
SORT ENTRIES
NEW ENTRIES
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT