OMNIGOD
BLOG

2018

03

05

Mon

INDIGO DACK WORK JACKET


オリジナルのインディゴファブリックを使用した春ジャケット

INDIGO DACK WORK JACKET

IMG_4072.JPG

オリジナルで開発したインディゴダック素材は、経糸に良質なジンバブエコットンとロープ染色を施し,

2種類の糸を引き揃えに用いて緯糸には糸の奥までしっかりと染まるチーズ染色を用いた糸を打ち込みました。

奥行きのある濃色のインディゴブルーで、経年変化によるタテ落ちのエイジングが楽しめる特徴があります。

また、丈夫でやや厚手のダック地はアメカジライクな風合いを楽しめます。

IMG_4070.JPG


IMG_4066.JPG

デザインは、身頃にオリジナルのスナップボタンを4つ施し、ワークシャツデザインを取り入れながらも、

丁寧で強度の高い巻き縫いや袖付けには袋縫いを施し、

ジャケットデザインも取り入れたモダンなシャツジャケットに仕立てました。

肩幅と身幅にはややゆとりを持たせて、アームホールと着丈でバランスを整えているので、

インナーとしてもアウターとしても羽織っていただけるシルエットになっています。



IMG_4067.JPG

IMG_4069.JPG

NO:58-172x  Color : Indigo,
Price : 22,000+TAX

こんにちは。北堀江店の土井です。

今年の春もこだわったオリジナル生地のインディゴアイテムが届きました。

気が付けば青い服ばかり着ているという方も少なくないと思うのですが、

中でもインディゴはやはり色落ちによる経年変化も楽しめるのが魅力ですよね。

アメカジの要素を含んだガシッと厚手のダック生地を使用したジャケット。

それでは、ご紹介していきます。

昔からアメリカのワーカーのユニフォームとしてもよく用いられる生地だけに

ガンガン着てもへこたれない安心感。

経糸と緯糸の染め方に変化をつけているので、着ていくことで

どんな色落をするかも楽しみです。

IMG_4063.JPG

IMG_4064.JPG


まずはチノパンやヒッコリーのシャツなど定番的なアメカジとの合わせ。

ほどよい幅のプルオーバーやすっきりとしたジャケットのシルエットなど

モダンにデザインされているのでアメカジ!って感じの野暮ったさは払拭。

ほどよい武骨さを狙いました。

IMG_4062.JPG
 
SHIRTS : 56-246E ヒッコリージッププルオーバーシャツ Price : 16,500+TAX
PANTS : 51-056T ムラウエポンチノトラウザー Price : 15,500+TAX
SHOES : ダックキャンバススニーカー Price : 14,000+TAX

もちろんジーンズとの相性も抜群です。

褪せた淡い色の太いデニムとボーダーTを掛け合わせ春らしく軽快に。

IMG_4065.JPG
CUT : 59-400N クルーネックボーダーT Price : 12,000+TAX
PANTS : 50-077C アンティークジーンズ Price : 18,500+TAX

肌寒さを感じさせるような日には春コートのインナーとしても活躍するジャケットです。

ぜひ、店頭でも袖を通して見て下さい。
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/06/21 9:59 AM |
コメントする









CATEGORIES
SORT ENTRIES
NEW ENTRIES
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT