OMNIGOD
BLOG

2019

05

31

Fri

KITO

 

立ち上げから2シーズン目の粋なブランドから夏のカットソーが入荷しました。

 

 

”KITO /  ケ・イト”

 

「糸」の製造から縫製工程に至る服作りのノウハウに精通し、

30年以上のキャリアで様々なコレクションブランドの生産、デザインを

手掛けてきた井藤一男氏が手掛けるエポックメイキングなブランド。

 

昨年の秋冬にもカーディガンとタートルネックTシャツを展開しており、

なかなかいい評判でしたKITO。

 

ブランド自体にはアウターやパンツなどいろいろとありますが、

OMNIGODではカットソーに着目してセレクト。

 

19SS-C-4

size:2(M) / 3(L)

col:WHITE / BROWN / GREEN / NAVY

Price:¥16,000+tax

 

”WHITE”

 

”BROWN”

 

”GREEN”

 

 

”NAVY”

 

 

一見、普通なリブTシャツのようですが、細かいところに、拘りが詰まっています。

アームホールから直線的にネック部分へミシンを走らせ、

通常であれば、ボディとアームを別々に繋ぎ合せるため、肩にステッチが入りますが、、、

 

 

ショルダー部分にはステッチが無く、素晴らしい着心地に。

 

 

程よい幅の裾リブがウエストシルエットに変化加え、

一枚で着用しても様な着こなしになります。

そして、丁寧な縫製と光沢感ある生地と相まって、

ドレスシャツを連想するような上品なTシャツに仕上がっています。

 

 

 

 

続いて同生地のヘンリーネックをご紹介。

 

19SS-C-5

size:2(M) / 3(L)

col:WHITE / BROWN / GREEN / NAVY

Price:¥16,000+tax

 

※代官山店 WHITE完売

 

”BROWN”

 

”GREEN”

 

”NAVY”

 

KITOらしいシンプルな1つ釦のヘンリーネック。

ネックにはぐるっとパイピングが施され、着用した際はシャープなイメージに。

ボタンホールも45度の向きに開いており、使い手への配慮を感じ取れます。

 

 

半袖Tシャツでは珍しいベンチレーション(通気口)

 

 

前後でレングスが変わり、裾がよれないように綿テープでしっかり補強。

 

 

 

 

 

写真より実物の方が圧倒的に良さがわかるTシャツです。

ご興味ある方は是非、確かめてみてください。

 

松原

コメント
コメントする









CATEGORIES
SORT ENTRIES
NEW ENTRIES
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT